今枝仁(維新の会)の様な人物を決して政治家にしてはならない。

広島県から次期衆議院選挙に出馬しようとしている維新の会候補予定者の今枝仁。元検事で弁護士という経歴は立派そうに見えるが、とんでもない人物だった。光市母子殺害事件の残酷な犯人を擁護するためにうそをつかせていた。そんな人物を決して政治家にしてはならない。

今枝仁が一般人に対して求釈明書で脅した件について

今枝仁は一般人に対して恫喝まがいの行為をしたのではないか

今から10年ほど前、光市母子殺害事件で弁護士として活動していた今枝仁だが、あまりにも異常な弁護に対して橋下徹が怒り、テレビで一般の方々に懲戒請求をするよう呼び掛けた。結果として、今枝仁ら光市母子殺害事件弁護団は多くの市民から懲戒請求を送られたのだ。

今枝仁が行った異常な弁護活動については「今枝仁(維新の会) 「死姦したのは生き返らせる儀式」【光市母子殺害事件で異常な弁護】」をご参考ください。

 

 

 今枝仁は市民に対して逆切れとも呼べる行為を行ったのである。それが求釈明書の送付である。一般の市民は法律のプロである弁護士からこのような書類が送られて来れば怖くなるのは当然である。しかも、書類の中には「懲戒請求を取り下げなければ虚偽告訴罪になる」と脅しともとれる文言が含まれていたのだ。

 市民が文句を言うとすぐにキレてしまう人が今や国政を目指して市民に指示を依頼して活動しているのだからなんとも笑えることである。

こちらが今枝仁が送った求釈明書。

f:id:blog0020329:20170602151805j:plain

中にはしっかりと、よくも調べもしないで、虚偽告訴罪になるぞと書かれている。法律に対して素人である市民はこの書面が送られてきてさぞおびえたことと思う。(そもそも、市民の方々は懲戒請求を広島弁護士会に送られていたものなので、今枝仁は懲戒請求を送った個人の住所をどこで知り得たのか謎でもある。)

 

最高裁で負けた今枝仁は求釈明書を送った人々に謝ったのか??

今枝仁は名誉棄損で橋下徹を訴えて、負けた。しかし、その後今枝仁が市民に謝ったという話は一つも聞かないのである。もしご本人がこのブログを見たならば、本人のSNSなどで改めてどのような経緯でこの事件を納めたのかお聞かせ願いたい。

f:id:blog0020329:20170602153042j:plain

弁護団を辞める際に記者会見は行ったが、求釈明書を送った市民の方々には何もメッセージを出していないのである。弁護団を辞める際も、頑張ってる自分を許してほしいと号泣しながら訴えているように見えるが、涙が出ていない。泣いたふりではないだろうか?

 

twitter上でもこの件に触れ、市民の方々に慰謝料を請求してもいいとする意見もある。

 

今枝仁に国会議員を任せても平気だろうか?

少しでも気に入らない部分があれば、市民に対してキレる人である。今枝仁が国会議員になったら国民から批判が噴出したら国民を脅す文書を送りかねない。

(精神不安定でもあるのかも・・・)

 

彼を見ていると、自分の正当性を認めさせるためには手段を厭わないように見える。やはり、彼を政治家にするのはいささか危ないのではないか。